3分で分かる!簡単!カーテンの測り方

注意!サイズを測る前に!

現在使用しているカーテンのサイズを測らない!

レールが付いていない状態では測らない!

この2つは大前提です。まず、現在使用しているカーテンの長さとオーダーカーテンを注文する際のサイズは異なります!

また、レールが付いていない状態だと、丈も幅もカーテンサイズは決まりません。ご自分で採寸される際には、必ずカーテンレールがついている状態で測るようにしてください。オーダーカーテンショップでは、プロによる採寸サービスをしている店が多くあります。特に新築で窓数も多く、レールもついていない場合は、プロに依頼することをお勧めします。単にサイズを測るだけでなく、窓や壁の状況を調べ、適切な取り付け位置や商品の提案をしてくれます。せっかくオーダーカーテンにするのであれば、サイズで失敗することは絶対に避けたいですよね。

測ったサイズ  と オーダーするサイズ は異なる!

3つめの注意です。オーダーカーテンのサイズで失敗する最大のポイントはこれです!
詳しくはこの後説明しますが、「測ったサイズと注文するときのサイズは同じではない」ことを覚えてください!

用意するもの

オーダーカーテンショップ のジャストカーテン オンラインショップでは、
無料のサンプル生地をご注文いただいたお客様に、カーテン採寸用メジャーをプレゼント中です。

サイズを測る

レールと窓の種類を確認する

レールと窓の種類によって、採寸方法とオーダーサイズが異なりますのでまずは確認。

レールの種類

窓の種類

採寸する

いよいよ採寸です。測るのは、幅と丈です。

幅 = カーテンレールの端のリングから端のリングの長さ

丈 = レールのリングの下部から床までの長さ(腰高窓の場合は窓下枠まで)

オーダーサイズを決める

幅 = 採寸したサイズの1.03倍の長さ

採寸した幅でオーダーすると、カーテンを閉めたときに、少し隙間ができてしまう恐れがあります。
どれくらいのゆとりを持たせるかは、お好みですが、ジャストカーテンでは3%(1.03倍)をお勧めしています。
お店によっては、お店側で計算してサイズを出してくれる店もありますので、十分に確認してからオーダーしましょう。

丈 =

掃出し窓/出窓(窓沿いレール):採寸サイズ-1cm(厚地)、-2cm(レース)
腰高窓・出窓(壁沿いレール):採寸サイズ+10-15cm(厚地)、レースはその1cm短く)

ポイントは床に擦らない程度短くすることと、レースは厚地よりも1cm短くすることです。床に擦っていたり、レースが厚地の裏から見えていたりすると、せっかくのオーダーカーテンのスタイルが台無しになります。

終わりに

以上がカーテンのサイズの測り方・オーダーサイズの出し方でした。
より詳しい説明、カーテン以外のシェードやロールスクリーンなどの商品の場合の測り方は下記からどうぞ。

ジャストカーテン オンラインショップ は1,000サンプル以上を1窓1万円均一で販売しています。
サイズの測り方はじめ、オーダーに関してわからないことがあても、プロのスタッフが電話・メールで丁寧にご説明します。