初夏の送料無料キャンペーン

商品を探す

品番やキーワードを入力

ふるさと納税でオーダーカーテンを手に入れよう!ジャストカーテンはふるさと納税でもお求めいただけます

完全遮光カーテンとは?
完全遮光カーテンの
メリット・デメリットを
紹介します!

「光を遮る(さえぎる)」という文字通り、外からの光を遮断し、部屋の中を暗くするカーテンを遮光カーテンと呼びます。もちろん、どんなカーテンでも、何も吊っていない状態と比べれば、少なからず光を遮ることになりますが、その度合いが強いものが「遮光カーテン」と呼ばれます。
遮光カーテンの等級(レベル)は1級~3級の3つに分かれています。
その中で遮光1級より暗い完全遮光カーテンがあるのはご存知でしょうか?
今回は完全遮光カーテンについて解説します。


完全遮光カーテンとは?

ジャストカーテンの遮光カーテンは、一般社団法人日本インテリア協会(NIF)の基準に沿って、 「遮光率」が99.4%以上の生地を対象とし、1級~3級のランク分けをしています。

※遮光率の測定は、NIF基準に従い「遮光性能試験方法(JIS L 1055)A法」によって実施しています。

完全遮光カーテンは遮光1級の中でも遮光率がほぼ100%のカーテンを指します。裏面に樹脂加工、あるいは、間に遮光フィルムを挟み込む加工を施すことで、徹底的に遮光にこだわったカーテンです。
1級遮光と遮光率としてはわずかな違いですが、これほどまでにお部屋の明るさが変わります。

ジャストカーテンの完全遮光カーテンは生地の裏側に施した3層のアクリル樹脂コーティングが生地の隙間をくまなく埋めることで、高い遮光性を発揮します。

生地に特殊加工を行うことで、完全遮光以外にも、遮熱機能・防音機能がある高性能カーテンです。遮熱機能で冷暖房の効率が良くなり、防音機能で外からの騒音を遮り、部屋の中からの音漏れを防ぐ効果が期待できます。


完全遮光カーテンのメリット・デメリットは?

完全遮光カーテンのメリット・デメリットをご紹介します。

完全遮光カーテンのメリット
  • 昼間でも部屋を真っ暗にすることができる
  • 冷暖房効果UP
  • 外からの騒音と室内の生活音が外に漏れることを軽減する
完全遮光のデメリット
  • 生地にごわつきがあり、柔らかなヒダができにくい
  • 部屋が真っ暗になる反面、カーテンの上下左右に隙間や針孔から光が漏れる可能性がある
  • カーテンの重量がある
  • 使用環境および年月の経過により、劣化・硬化し、コーティングの剥離が発生する事がある

このような方におすすめです!

  • 夜勤明けの昼間は
    ぐっすり眠りたい!

  • 赤ちゃんのお昼寝を
    しっかりとりたい!

  • ホームシアターを
    お昼でも楽しみたい!

  • 良質な睡眠が
    欲しい!

完全遮光商品一覧


今ならお得な送料無料キャンペーン実施中!

期間限定!ジャストカーテン オンラインショップでは、
1配送につき20,000円(税込 22,000円)以上で送料無料になるキャンペーンを実施中です。

※20,000円(税込 22,000円)以下の場合、送料一律750円(税込 825円)北海道・沖縄・離島は1,500円(税込 1,650円)

遮光について よくある質問

完全遮光カーテンとは?

完全遮光カーテンとは遮光1級の中でも遮光率がほぼ100%のカーテンを指します。裏面に樹脂加工、 あるいは、間に遮光フィルムを挟み込む加工を施すことで、徹底的に遮光にこだわったカーテンです。 詳しくはこちら

完全遮光カーテンのメリットは?

完全遮光カーテンのメリットは3つあります。①昼間でも部屋を真っ暗にできる。②冷暖房効果UP。③外からの騒音を和らげる。 詳しくはこちら

完全遮光カーテンのデメリットは?

完全遮光カーテンのデメリットは4つあります。①生地がごわつき、柔らかなヒダができにくい。 ②カーテンの上下左右に隙間や針孔から光が漏れる可能性がある。③カーテンの重量がある。 ④カーテンが劣化しコーティングが剥離する事がある。 詳しくはこちら

完全遮光カーテンは無料サンプルを取り寄せられる?

オンラインショップでは10枚まで無料サンプルをお届けします。生地感や色味などの確認に是非ご活用ください。 各商品ページの「無料サンプルをカートに入れる」からご注文できます。こちら

完全遮光カーテンはカーテンを吊るすフックはついてくる?

1つの商品に対して、必要な個数のフックが付属しております。

  1. TOP
  2. お役立ちコラム一覧
  3. 完全遮光カーテンとは?完全遮光カーテンのメリット・デメリットを紹介します!