腰壁のあるリビング階段の間仕切【ロールスクリーン】
  • 2021.05.01
  • 神戸北店

腰壁のあるリビング階段の間仕切【ロールスクリーン】

カーテンやロールスクリーンというと窓に取り付けるイメージが強いかと思いますが、実は間仕切りとして使うことも多いってご存知でしょうか?部屋と部屋の間を仕切る、クローゼットや棚の目隠しとして仕切る、など空間を分けたり隠したり、といった用途で使う場合もあります。
新しくドアを付けたりするよりリーズナブルなので、お引越の後ご検討される方も多いんですよ。
特にリビング階段は冷暖房対策として夏・冬にご検討される方が増えてくる場所になりますね。
今回はリビング階段の中でも、特に片側が半分オープンになっている、腰壁のあるリビング階段の間仕切りをご紹介したいと思います。

腰壁のあるリビング階段ってこんな感じ

そもそも腰壁のあるリビング階段とは?

リビング階段の写真

写真のように階段の片側がななめの壁になっているリビング階段、片側が半分オープンになっているので開放的になりますが、逆に言うと二方向が空いているので二階の空気が流れやすく、冷暖房効率の悪い間取り、とも言えます…
腰壁の部分がななめになっているところも間仕切りに悩ましいところです。

このような腰壁のあるリビング階段の間仕切りとして考えられる商品とそのメリットデメリットを考えてみます。

カーテンのメリット・デメリット

カーテンの場合だと、二方向の開口部にカーブレールを設置してカーテンを吊るす、という方法が考えられます。
当ブログでも以前ご紹介してます→リビング カーテンで防寒対策

ただし、この場合腰壁の内側にカーテンを吊るすようにすると、階段で裾を引きずることになります。腰壁の外側なら床面までありますので裾は引きずりませんが、束ねた時にカーテンがちょっと邪魔かもしれません。
逆にメリットとしては生地でまんべんなく覆えるのですき間が少なく、不要なシーズンには簡単に外してしまえたり、洗濯ができる、という点があげられると思います。

ロールスクリーンのメリット・デメリット

ロールスクリーンのメリットは上に巻き上げることができるので、開けた時にすっきりすること。実際、一方向だけ空いたリビング階段では、ロールスクリーンが一番よく採用されていると思います。


ただ、腰壁のあるリビング階段の二方向にロールスクリーンを取り付けると、角の部分に大きくすき間が空くというデメリットが生じてしまいます。
そこで今回、ロールスクリーンをなるべくすき間が少なくなるように設置してみました。

腰壁のあるリビング階段にロールスクリーンを設置した実例
リビング階段に設置したロールスクリーン
ロールスクリーン角の取り合い

裏側から見たところです。
通常壁に取り付けた場合後側に降りるロールスクリーンを、逆巻きにして前側に降りるようにしています。また角を突き合わせるのではなく一方を長手にすることによってすき間を最小限に抑えています。生地の表裏も逆にして、リビング側から見た時に生地表になるようにしました。
腰壁側のロールスクリーンは幅も開口ぎりぎりにすることで、なるべく下まで降ろせるようにしています。そうしないと上り口側の長さが足りなくなって下に隙間が空いてしまうからです。

階段腰壁に設置したロールスクリーン

他にも、上り口側のロールスクリーンは階段手すりに当たらないよう、幅を考慮しています。

ロールスクリーンと階段手摺の取り合い

こうやって見ると、すき間は空きましたが、できるだけ抑える形でつけることができたんじゃないかな、と思います。すき間があるならつけなくても一緒じゃないの、と思われるかもしれませんが、特に冬場は二階の冷気が下に下に降りてくることで寒さを感じるので、それを大部分押さえているだけでも寒さ対策としては効果があるように感じます。
反省点を上げるなら、上り口のロールスクリーンを真ん中のプルを引っ張って降ろすプルコード式にしたところでしょうか?横側に長いチェーンの付くチェーン式だと、うちのちょっと落ち着きのない兄弟がチェーンでふざけて遊びそう、と思って手の届きにくいプルコード式にしたのですが、下まで閉める度にかがむのが地味に腰に来ます。
ただ、どのおうちでも今回の取付方がベストとは言えませんし、それぞれの間取りで取付位置やサイズの出し方に注意点が多いので、個人で取り付けるのは難しいかもしれません。自信のない方は、当店の施工スタッフにお任せいただくと安心ですよ!

取り扱いメーカーは3社

当店では、以下の3社(メーカー)の取り扱いがございます。
● ニチベイ https://www.nichi-bei.co.jp/
● TOSO https://www.toso.co.jp/
● タチカワブラインド https://www.blind.co.jp/

各メーカーさんはHPでWEBカタログを公開されいているので、チェックしてみてはいかがでしょうか。参考画像なども豊富ですよ。
もちろん、店頭では実際のカタログを見て頂いたり、商品展示を見学して頂くことも可能です。

ジャストカーテン神戸北店では感染症対策に万全を尽くしてご来店をお待ちしております。
現在のところ通常営業を行っておりますので、これからの季節ですと冷房対策に間仕切りをお考えの方、ぜひご相談ください。

【GW中の営業日】
通常水曜日が定休日ですが、5/5(水)は祝日のため営業。
5/6(木)は振替休日にて休業致します。

神戸北店

神戸市北区西山1丁目15-8
078-951-0432
10:00~19:00
水曜日(祝日の場合は営業、翌木曜日休み)

駐車場有(無料)

キーワード

ブログカテゴリ

直営店