遮光カーテン、等級でどう違う?
選び方は?

そもそも、遮光カーテンって?

遮光カーテン遮光カーテン

「光を遮る(さえぎる)」という文字通り、外からの光を遮断し、部屋の中を暗くするカーテンを遮光カーテンと呼びます。 もちろん、どんなカーテンでも、何も吊っていない状態と比べれば、少なからず光を遮ることになりますが、その度合いが強いものが「遮光カーテン」と呼ばれます。
カーテンには、様々な機能がありますが、その中でも最も人気の高い機能が「遮光」です。寝室や西日がきつい部屋ではもちろん、すべての部屋で遮光カーテンを選ばれる人もいるほどです。
その分、種類も多種多様、カーテン売り場や通販サイトでの品揃えはどこも豊富で、なかなか選べないということも…。そこで、カーテンのプロが、遮光機能やその選び方までわかりやすく解説します。

遮光カーテンのメリットは?

遮光カーテンには様々なメリットがありますが、その中でも代表的な4つのメリットを紹介します。

① 睡眠の質UP

ベッドや枕、就寝時の服装、スマホ利用を制限するなど、ここ数年、様々な観点から睡眠の質を上げることが注目されています。寝室の明るさを決めるカーテンも睡眠の質を左右する重要なアイテムです。例えば、部屋の外の街頭の光が入る場合や、朝日の光を遮り、しっかりと睡眠を取りたい場合は、遮光カーテンは必須です。

② インテリアの日焼け防止

日差しを遮るので、家具や床・カーペットの日焼け・色あせ防止効果があります。特に西日の強い部屋などでおススメです。

③ プライバシー保護・防犯対策

外からの光を遮ると同時に、部屋の中の光を外に漏らさず、夜間に室内の様子(人の影など)が外から見えないので、プライバシーを守る効果があります。低層階の道路に面した部屋などでおススメです。

④ 冷暖房効率UP

遮光カーテンは、普通の生地に比べて、厚めの生地が多いので、光を遮ると同時に、熱を遮断する効果も高くなります。そのため、夏は室外からの熱気の侵入を防ぎ、冬は室内の暖気が逃げることを防ぎ、結果的に冷暖房効率UPに繋がります。

遮光カーテンの等級(レベル)は?どれを選ぶべき?

一言に「遮光カーテン」といっても、遮光の度合い(レベル)は様々です。
日本のカーテン業界では、日本インテリアファブリックス協会(NIF)の基準に沿って、「遮光率」を計測し、等級のランク付けをしている場合がほとんどです。公式の検査機関で、NIFによって定められた試験方法(遮光性能試験方法(JIS L 1055)A法)で計測されているので、お店やECサイトによって基準が異なることはほぼないと考えて問題ないでしょう。

上記の図の通り、「遮光カーテン」は、遮光の度合いによって、3つのレベルに分かれます。
遮光3級(遮光率99.40%以上)を下回る遮光率のカーテンは、「遮光機能なし=非遮光カーテン」に分類されます。

ここで注意していただきたいポイントは遮光カーテン(遮光率99.○○%)といっても、“真っ暗”になるわけでないことです。
遮光1級であれば、“人の顔が認識できないレベル”にまで暗くなりますが、“人の顔はわかるが事務作業には暗いレベル”の遮光3級まで、遮光カーテンの遮光度合いは幅広くあります。等級の選び方は、「どのレベルの遮光度合い」が必要なのか次第です。

例えば、寝室で「外の明るさをまったく感じないようにしたい」という場合には遮光1級が必要ですが、「朝、外の明るさをほんのりと感じながら自然に起ききられるようにしたい」という方には、遮光2~3級程度がちょうど良いでしょう。

また、遮光1級に限定するよりも、遮光2,3級まで選択肢を広げたほうが、カーテンの色柄のバリエーションは増えるので、お好みのカーテンが見つかる可能性が高まります。後ほど説明しますが、遮光性と色・生地の種類には関係性があるので、遮光1級に限定すると、どうしても選べる選択肢が狭くなってしまいます。

遮光1級よりも暗い?完全遮光って?

遮光率100%の「完全遮光」というカーテンも販売されています。
日本インテリアファブリックス協会(NIF)の基準では、遮光率100%も「遮光1級」に該当するため、カーテンショップや通販サイトによっては、「遮光1級」として販売している場合もあれば、「完全遮光」のほかに、「超遮光」などの名称でうたわれている場合もあります。
遮光率100%のカーテンは、カーテン生地の裏を、特殊な樹脂でコーティングしたり、黒いフィルムを張り付ける加工を施している場合がほとんどです。遮光1級に比べても、選べる色柄は極端に少なくなるので要注意です。また、特殊な加工により、生地が重くなったり、ごわごわしたりするなどのデメリットもありますので、気になる方は、サンプルを取り寄せたり、実際に店舗で確認することをお勧めします。

遮光性と色・生地の関係性

遮光性とカーテンの色には深い関係があります。下の画像は、全て同じ生地(グレーンバック)の色違いですが、遮光1,2,3級と色によって、等級が変わります。基本的に、ブラック・ネイビーなどの暗めの色は遮光度合いが高くなり、ホワイト・アイボリーなどの明るめの色は遮光度合いが低くなります。

ただ、ホワイト・アイボリーなどの明るめの色で遮光度合いを高めるために、目立たないように(生地の表面に出ないように)黒糸を織り込んだり、生地そのものを厚く織るなどの工夫がなされたカーテンもあるため、一概に「明るめの色=遮光性低い」というわけではありません。

遮熱・UVカット・・・ほかの機能との関係性は?

遮光機能と、その他の機能性についての関係について説明します。
まず大前提として、「遮光」は厚地カーテンの機能なのに対して、「遮熱」「UVカット」などは、レースカーテンの機能としてうたわれるケースがほとんどです。遮光性と同様に、正式な試験で一定基準をクリアしたカーテンのみがこれらの機能性をうたうことが可能になります。

ですが、厚地カーテンにそれらの機能がないわけではありません。通常の厚地カーテンに比べて、光を遮る効果のある遮光カーテンは、遮熱機能は高くなりますし、同時に紫外線も防ぐことになります。厚地カーテンにおいて、これらの効果を試験で測ることは稀ですが、遮光性があれば、遮熱・UVカット効果も高いと考えて問題ありません。さらに、生地が厚い遮光カーテンであれば、防音効果も、通常カーテンに比べて期待できます。
特に、特殊加工を施した「完全遮光」カーテンは、防音効果が非常に高くなりますので、部屋の外の音が気になる方や、逆に、家の中の音を外に漏らしたくない方にはおススメです。

裏地・カーテンボックスなど遮光性を高める工夫

ここまで、生地の遮光性について説明してきましたが、生地の遮光機能以外で、遮光性を高めることもできます。
「カーテンボックスをつける」「窓サイズに対して、長めのカーテンレールを取り付ける」などの工夫もありますが、今回は縫製オプションを3つ紹介します。

① 裏地縫製

カーテン生地の裏に、もう一枚生地を縫い付ける縫製です。裏地として遮光性のある生地を選べば、表地が非遮光生地でも遮光カーテンにすることができます。非遮光生地で気に入った色柄が見つかった場合には裏地縫製をご検討ください。

② リターン縫製

厚地カーテンの両端を9cm程度長く縫製し、 端のフックをレース用のレールにかけられるようにする縫製です。 左右の端からの光漏れを防ぐことが出来ます。

② 2倍ヒダ縫製

オーダーカーテンの場合、2倍ヒダ縫製にすることで、遮光性を高めることが可能です。1.5倍ヒダ縫製に比べて、生地の使用量が多くなり、ゆったりとしたドレープになるため、結果的に遮光性が高まります。オーダーカーテンならではの高級感も出るのでお勧めです。

さっそく、遮光カーテンを探す

1窓1万円均一 国内最大級のオーダーカーテン専門店「ジャストカーテン」では、遮光カーテンも豊富なラインナップが、両開き1窓1万円でご購入いただけます。(※幅200cm、丈240cm以内、シンプルオーダーの場合)
遮光カーテンは300アイテム以上、遮光1級カーテンも約100アイテムのラインナップで、豊富な色柄からお選びいただけます。

全国のジャストカーテンまたは、オンラインショップで是非、遮光カーテンをお求めください。