カーテンを買う前に!
防炎カーテンをプロが解説

そもそも防炎カーテンって何?

「防炎カーテン」とは、“燃えづらいカーテン”のことです。“まったく燃えない”わけではありません。下記の画像は、日本防炎協会が実施したカーテンの燃焼実験の様子です。このように、防炎カーテンは非防炎のものに比べて、燃えづらくなっています。

火事による災害はカーテンに引火することが拡大の要因と言われており、特に近年、地震も多く、防炎カーテンの需要が増えています。万が一のために、防炎カーテンを購入を検討してみてください。

全200種類から選べる!
防炎カーテンを探す

なぜ、燃えづらいの?

防炎カーテンは、可燃性の生地(布)に特殊剤を加工して燃えづらくする方法が一般的で、市場で出回っている防炎カーテンはほとんどがこの方法です。生地によっては、糸自体が「難燃糸」と呼ばれる、燃えづらい素材のものを使って作られたものもあります。また、カーテンの形に縫製してから防炎加工をすることも可能ですが、コストが高くなり、一般的ではありません。

防炎カーテンが義務付けられている場所

日本国内には消防法により、防炎カーテンであることが義務付けられている場所があります。
①  病院やホテル・飲食店などの不特定多数の人が出入りする施設
②  地上31m以上の建築物(およそ11階建て以上)
特に、②に関しては、該当するマンションやビルでは、低層階でも防炎カーテンであることが義務付けられているので注意が必要です。

防炎カーテンの見分け方は?防炎ラベルって?

多くのカーテンショップでは、「防炎機能付き」という表示がありますので、それを目印にすると良いでしょう。 また、カーテンをオーダーする際には、「防炎ラベル」をつけてもらうようにしましょう。防炎ラベルとは、日本防炎協会が発行する、防炎商品であることを証明するラベルです。義務付けられている場所では必ず必要になります。店によってはオプションになっている場合もありますので忘れずに。

全200種類から選べる!
防炎カーテンを探す

防炎カーテンは洗濯しても大丈夫?

カーテンはホコリや湿気などで汚れてしまうので、1年に1回程度は洗いたいもの。多くの防炎カーテンはご自宅で洗濯が可能です。カーテンに取り付けられた洗濯ラベルを確認してください。洗濯ラベルは各社独自の表記もありますので、詳しくは購入した店舗に問い合わせてください。
カーテンの洗い方はこちらで解説 意外にカンタン!カーテンの洗濯方法を解説
ただし、一部の防炎カーテンは洗濯によって、防炎機能が落ちてしまうものも。防炎ラベルに「洗濯をした場合は要防炎処理」などと書かれているものは、それに該当します。洗濯ラベルと同時に、防炎ラベルもチェックすることを忘れないようにしてください。

防炎カーテンのラインナップ豊富なジャストカーテン

日本最大のオーダーカーテン専門店ジャストカーテンでは、防炎カーテンも豊富にラインナップ。しかも通常のカーテンと同じ価格でご提供しています。

全200種類から選べる!
防炎カーテンを探す

 

個人邸のお客様はもちろん、飲食店やオフィス、公共施設などの法人のお客様への販売実績も多数ございます。 お気軽にお問い合わせください。