窓の結露でカーテンにカビ?!
冬場清潔にカーテンを
使用する方法を紹介します!

気温が低くなってくると発生しがちな、結露。
窓ガラスやサッシが濡れているだけだし、そのままにしている方もいらっしゃるかもしれません。
結露をそのままにしておくと、カーテンにカビが生えて、使えなくなってしまった。なんてこともあります。
冬場に知っておきたい、カーテンの結露防止対策について紹介します。冬場のカーテンの衛生対策として参考にしてください。

なぜ結露が発生するのか?

結露の発生には、温度と湿度が関係しています。空気は、温度が高いほどたくさんの水分を含むことができます。一方、温度が低くなると、空気中に含むことができる水分の量は少なくなってしまいます。その結果、空気が冷やされると、それまで暖かい空気に含まれていた水分が、空気中に含みきれなくなってしまい、水滴(結露)となって現れます。

身近なもので例えると、夏の暑い時期に冷たいお茶をコップに入れ、しばらく置いておくと、コップの表面に水滴がつく、これも結露と同じ現象です。
家の中で結露が起こりやすい場所は、温度差が大きい場所や、湿気が多く、空気が滞留しやすい場所です。窓ガラスは暖かい部屋の空気と冷たい外の空気の両方と接するため、温度差が大きく、結露が起こりやすい場所と言えます。

結露を発生させないポイントと対策

結露対策のポイントは、室内の温度と湿度を適度に保ち、温度差を作らないようにすることです。

対策 1室温を上げすぎない
室内と屋外の温度差を小さくするために、室内の温度が上がりすぎないように注意することが大切です。窓を開ける、換気扇をつけるなど定期的に換気をすることで結露の発生を防ぎます。
対策 2除湿をする
除湿機や除湿剤を使って、室内の湿気を吸い取る方法も効果的です。余分な水蒸気の発生を抑えて、結露が現れにくい環境を作りましょう。
対策 3暖房器具を見直す
石油ストーブやガスストーブなど燃焼系で開放型の暖房器具は、燃焼により大量の水蒸気を発生させ、結露の原因になりやすいです。
電気ストーブやエアコン、パネルヒータなど燃焼系でも非開放型の暖房器具は給排気を室外で行うため部屋の空気には影響しません。

カーテンが濡れていると室内の暖房効率にも関係するため、冬の時期はぜひ対策してみてください。

カビが生えづらい
防かび・抗菌カーテンがあります!

非常に高い抗菌性をもった銀イオン糸(ミューファン)を使用した生地により、悪臭・カビの発生を抑制し、 さらに、ほこり汚れがつきづらくきれいな状態を維持できるレースカーテンです。

無料でカーテンのプロにご相談いただけます。
どんなお悩みでもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

人気ランキングから探す

  • ▼ ドレープカーテン
  • ▼ レースカーテン

人気カテゴリから探す

商品カテゴリから探す